sotomo 太陽のもとでのびのび遊ぶ子どもたちに贈る外遊びレシピ

時間と場所でカンタン検索!外遊びレシピ

砂山でダム作り、流木でヒミツ基地 泳ぐだけじゃない「海」の楽しみ方

こんにちは!海で貝を拾うのが好きなちずるです。

うちの家族はみんな、海が好きです。

歩いて行ける距離ではないですが、北陸住まいということで海が結構身近にあるので、旦那の仕事が休みのときは夏以外でも海へ行きます。

ヒトデや小魚など生き物を捕まえたり、砂遊びをしたり、貝を拾ったりと、泳ぐ以外にも楽しいことがたくさんの海。

今回は家族3人で海へ遊びに出掛けたときのお話です。

砂山でダム作り、流木でヒミツ基地 泳ぐだけじゃない「海」の楽しみ方

こんにちは!海で貝を拾うのが好きなちずるです。

うちの家族はみんな、海が好きです。

歩いて行ける距離ではないですが、北陸住まいということで海が結構身近にあるので、旦那の仕事が休みのときは夏以外でも海へ行きます。

ヒトデや小魚など生き物を捕まえたり、砂遊びをしたり、貝を拾ったりと、泳ぐ以外にも楽しいことがたくさんの海。

今回は家族3人で海へ遊びに出掛けたときのお話です。

●砂遊びといえば、やっぱり「砂山づくり」!

砂遊びといえば、やっぱり「砂山づくり」!

海へ行くと、砂浜を走ったり歩いたり、最初はとにかくウロウロする娘。遊ぶ拠点が決まると、せっせと砂山を作り始めます。

ある程度砂山が大きくなると、旦那に頼んで穴を掘ってもらい、山から穴にかけて海水を流し込みダムを作ります。そして、流木や貝で飾り付け。

何もなかった砂地に山ができてダムになる様子は、天地創造のような、文明が発展していくような感じで、面白いなぁと思いながら見守っています。

●砂浜に落ちているもので、ヒミツ基地を作ろう

砂浜に落ちているもので、ヒミツ基地を作ろう

浜辺には流木をはじめ、網や浮きなど漁に使う道具、異国のプラスチック製品、カゴなどいろんなものが打ち上げられています。よく行く砂浜は、なぜか玉ねぎがしょっちゅう落ちています。

砂浜に落ちているいろいろなものを見ていると娘の創作意欲が湧くのか、それらの“材料”を使ってヒミツ基地を作ることになりました。いろいろなものを拾ってきて、どんどん進化していくヒミツ基地。旦那が大きな流木を組み立てると、グッと基地感が増しました。ちょっとしたリゾート感も!

と、波で服をビショビショに濡らした娘。天気が良かったので流木に娘のズボンを干すと、急に遭難したの?ここに住んでいるの?という不思議な生活感がでました。

●子供がなかなか帰りたがらない……そんなときは

子供がなかなか帰りたがらない……そんなときは

砂遊びやヒミツ基地遊びが楽しければ楽しいほど、娘はなかなか帰ろうとしません。

そんなとき我が家がよくやるのは「少しずつ車に近づく作戦」。砂浜に棒で線路を描き、その上を娘に歩かせるという、至ってシンプルな方法です。

一気に線を引くと親の意図がバレてしまうので、ウネウネと寄り道をしながら誘導するのがコツ。途中、四角を描いて駅を作ったり、丸をランダムに描いてけんけんぱのゾーンを作ったりと、変化を付けると喜びながら進んでくれます。

砂浜ならではの作戦なので、海に遊びに出掛けたときはぜひ試してみてください。

●海に行くときは水入りペットボトルを持参しよう

子供がなかなか帰りたがらない……そんなときは

線路で無事車まで誘導したら、手や足についた砂を洗い流します。

海水浴場以外だと手足を洗う水場がない場所も多いため、我が家は水を入れたペットボトルを持参します。時間がたっても、水道水は結構冷たいので、砂遊び前に日の当たる場所に出して温めておくと、子供にちょうどいいぬるめの温度になります。

さて、洗ってキレイになった足でまた砂の上に立つ娘、というのは「あるある」で、持参した水が足りず砂がついたまま車に乗ることもしばしば……。

そんな悩みもありますが、いろんな遊びができる海はやっぱり楽しい!この夏は、行ったことのない海にも家族で行きたいです。

●「ビオレ UV のびのびキッズミルク SPF50+」は塗ったことを忘れるほどサラサラ!

「ビオレ UV のびのびキッズミルク SPF50+」は塗ったことを忘れるほどサラサラ!

晴れた日はもちろん、曇りの日も紫外線が気になるので、自転車に乗るときなど、少しでも外に出掛けるときは日焼け止めを塗っています。

ただ、すごくサラサラしているので、塗っていることを忘れてそのまま寝てしまいそうに……。毎日使うものなので、付け心地の良さがうれしいです。

この遊びを友達にシェアしよう!